PFCカーボンメタリックは妥協なき性能の証

自動車レースの最高峰であるF-1マシンのブレーキシステムに採用されている素材は、今日では聞き慣れた感のある「カーボン&カーボン」と呼ばれる「カーボンパッド+カーボンローター」の組み合わせです。ブレーキパッドの素材にカーボン繊維の粉末を使用し、スチール製のブレーキローター表面にカーボンを「焼き入れ」し、被膜を形成(カーボンスクリーン)。擬似的に「カーボン&カーボン」を手に入れる事に成功したのです。さらには、フルカーボン材のシステムよりローターの温度管理などの面から低温時の効きが優れているのも特徴。PFCキャリパー、スカイライン用試作中。